マンション管理会社を利用すれば煩わしさから解放される

男性

管理契約の特徴

積み木

マンションの管理業務は経験のない人にとって簡単にできることではありません。特に兼業でマンション経営を行っている人は時間的にも自分で管理するのは難しいです。しかしマンションの管理業務は、マンション管理会社に委託することもできます。管理会社に業務を委託することで管理業務の負担がなくなるので、手数料払ってでも契約するメリットは大きいです。マンション管理会社と管理委託契約をする時は大きく分けて2つ種類があります。まず1つ目が一般管理契約です。管理業務をマンション管理会社に代行してもらい、家賃収入から手数料を管理会社に支払う形です。空室が出ればその分オーナーの利益は減るので、オーナーが空室リスクを背負うことになります。空室のリスクを背負う分一般管理契約は手数料が安いので、満室状態が長く保てれば大きな利益を出せます。一方でもう一つのサブリース契約はマンション管理会社が物件を借り上げる形の契約です。オーナーには契約時に決められた一定の賃料が、入居率にかかわらず支払われます。そのためオーナーは空室リスクを負うことがなく、空室が出たときのリスクは管理会社が負います。空室リスクを管理会社が負う分、満室状態が長く保てても一般管理契約と比べると大きな利益は出にくいです。しかし一定の賃料が確実に入るので、オーナーにとってはマンション経営の安定性が高まります。 収入の予測もしやすいので、マンションをローンで購入する場合などは特にメリットが大きいです。