マンション管理会社を利用すれば煩わしさから解放される

男性

管理業務はプロに

マンション

任せるメリットと手数料

マンション経営で利益を得るためには、きめ細やかな管理業務が必要不可欠となっています。たとえば借主からの毎月の家賃の回収ですが、それを怠れば当然貸主の利益は少なくなります。滞納された場合にも、早めにしっかりと取り立てる必要があります。さらに、借主が快適に生活できるようにと、共用部分の衛生管理なども、しっかりと行っておくことが大事です。居心地が悪ければ、借主は退去を考えるようになりますし、退去されれば、やはり貸主の利益が減ってしまうからです。とはいえ、マンション経営はサブビジネスとして行われていることが多いので、本業が忙しい場合には、こういった管理業務に力を入れることは困難です。そのため昨今では、管理業務をマンション管理会社に任せる貸主が増えています。マンション管理会社と契約すれば、以後は管理業務はプロの手で代行されることになります。マンション管理会社には、家賃の取り立てやマンション内の清掃はもちろん、外壁やエレベーターなどにおけるメンテナンスも任せることができます。これにより貸主の負担は大幅に少なくなりますし、なおかつプロの丁寧な管理業務により、借主は一層安心して生活できるようになるのです。ただしマンション管理会社には、任せる管理業務の量に応じた手数料を支払う必要があります。相場は家賃の1割なので、これにより貸主の利益は本来の9割ほどになります。しかし家賃の踏み倒しや退去によって利益が減ることを回避しやすくなりますし、本業にも専念しやすくなるので、結果としてプラスとなる可能性が高いのです。